RÓT by FYLGDU MÉR

PHILOSOPHY

光の在り処

わたしは大地 わたしは海 わたしは種
わたしは地球の一部

FYLGDU MÉR(フィルクトゥ ミエール)は、アイスランド語で「わたしについてきて」という意味。さまざまな自然の力を集めた食と施術のサービスを通じて、みなさんとともに地球が望む未来を探求する取り組みです。

46億年前に誕生した地球は、そのはるかな時の中で大地、水、緑を育んできました。自然が美しいのは、地球が大きな生命体として健やかに循環している証です。ところが今、さまざまな生命のつながりが地球のあちらこちらで断たれています。わたしたちは循環を守る理(ことわり)を求めて、中世まで原初の風景が残されていた土地、アイスランドへと旅をしました。そこで、何千年も遡るかのような地球の記憶へと誘われたのです。

大地からのエネルギーが湧き出すその土地は、地球が生きていることを鮮烈に感じさせます。土は健やかなままに、水は透きとおり、風土にふさわしい種が根づき、そして、古代の文化が色濃く残ることばを使う人々は、大地を守りながら生きていました。

地球との節度ある付き合い方からわたしたちは、大地を守ってきた人々から自然の恵みを預かり、形あるものに変えていくことにしました。在来種の野菜や果物はプレストジュースとして。ミネラル豊富なクレイは心身を整えるアイテムとして。健やかな大地から生まれた恵みが、わたしたちも大地に生かされていることを教えてくれたのです。

大地を守る人々が放つ、かすかだけど確かな光は希望そのもの。
時に埋もれそうになる彼らの信念を、みなさんが日々手にするものに変えて、光の在り処を緯度と経度で示しています。

あなたは大地 あなたは海 あなたは種
さあ、わたしについてきて
そして伝えたい未来への旅を始めましょう
地球の一部として生きること
それがFYLGDU MÉRが探求したい叡智です

Text: Aya Ogawa
Photography: Ariko Inaoka